フードアナリスト検定

フードアナリストとは犠牲の心ではありません。レストランや飲食店に行き、実際に飲食サービスを受けて、利用者の目で評価する行いです。フードアナリストは料理の味だけではなく、店舗の雰囲気や安全性などから総合的に評価し、ミシュランのように星をつけるのです。フードアナリスト受験者は、18歳以上であれば、食に興味があって常識を備え、向上心のある方なら資格は問われないというのもよいです。

フードアナリスト資格を持ち、店の格付けをおこなっているかたのなかには、レストランのプロデューサーや、フードジャーナリスト、フードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。逆にいえば、フードアナリストとは食に深くかかわる仕事へとつながる資格ともいえます。フードアナリストには等級があり、4級から特級まで存在しています。4級を取得するだけで満足せず、ステップアップしてより高みを目指しチャレンジするのも魅力ではないでしょうか。

フードアナリストの評価活動は、原則的に身元を明かさない覆面調査員として行います。通常のフードアナリストの活動における飲食代などは自腹となりますが、店側から依頼があり、有料で格付けを行う場合は、フードアナリストに飲食代や報酬が支払われるケースもあるようです。フードアナリストとして覆面調査をした格付け情報は、情報サービスのベンチャー会社アテナイオスが運営する、SNS機能も備えるウェブサイト「食卓賢人倶楽部」で公表されています。

フードアナリスト資格取得のハードルは、けして低くはありません。食材や料理に関しては当然として、歴史や食器のブランドに関するフードアナリスト受験者の知識が問われます。とくに、食空間に関わる事項についても「あら、そんなことまで?」というこだわりが見られるのが特徴的でしょう。フードアナリスト資格4級というハードルは、しかし越えられないほどではありません。フードアナリストに興味のあるかたで、食にこだわりのある団塊世代男性などには、ちょうどよい歯ごたえととらえるかたもいらっしゃるようです。なにより趣味と実益をかねられることが、フードアナリスト資格の魅力ではないでしょうか。


posted by フミカワ at 15:00 | フードアナリスト
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。