フードアナリスト2級

フードアナリストとは、レストランの料理やサービスを格付けする有資格者のことです。フードアナリストは覆面調査員として飲食店でサービスを受け、評価をおこない、星数で格付け情報を公開します。日本版のミシュランといったところでしょうか。趣味と実益を兼ねられることから、グルメな女性や団塊世代の男性を中心に、フードアナリスト受験者数が増加中です。外食産業からも関心がよせられており、いま注目の資格です。フードアナリストの資格を取得するための検定試験は日本フードアナリスト協会が行っていますので、フードアナリストに興味のあるかた、意欲のあるかたは、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

フードアナリストの資格を認定しているのは、日本フードアナリスト協会です。フードアナリスト資格の等級は、趣味レベルで入門的な4級から、食文化の知識に精通した最上級の特級まで5段階に分けられます。フードアナリストの等級によって、格付けできる星数に違いがあり、4級であれば1つ星、特級であれば5つ星となっています。フードアナリストが行う格付けのチェック項目の数も、等級によって30項目から150項目まであり、星数が多くなるほど細かくなる。星数の多いほどいい店になるシステムだ。星1〜2つは優良店で、星3〜4つは優秀店で、星5つは最優秀店といった具合にわけられる。

フードアナリスト資格に興味のあるかたであれば、試験内容が気になるところでしょう。公式テキストとなる「フードアナリスト検定教本」内を参照してみますと、肉や野菜などの食材についてや、テーブルマナーに対するフードアナリスト受験者の知識が問われています。また、地域ごとの料理の特色といった事項にプラスして、洋食器ブランドの歴史や食に関する名言・格言、レストランでの会話や食材の名称を英語でいうとどうなるか? など門外漢にはさっぱりわからない事項もあり、フードアナリスト4級といえでもあなどれません。さらに、3級ではフランス語の食に関するフードアナリストの知識が、2級では中国語の知識が問われるようです。手強いといわざるおえません。

フードアナリストの資格は、検定試験と通信教育で取得できます。第1回のフードアナリスト4級の受験者数は約50人でしたが、第2回には4倍にあたる約200人に増加しました。また、フードアナリスト検定試験とは別に、自己推薦審査方式というものがあり、こちらの方式で認定された有資格者もおり、合計約600人のフードアナリストが誕生しています。フードアナリスト有資格者のなかには、レストランのプロデューサー、コラムの執筆やフードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。養成講座を幹部や社員の研修に利用する企業もあらわれています。


posted by フミカワ at 15:00 | フードアナリスト
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。