フードアナリスト3級

フードアナリストとは、レストランの料理やサービスを格付けする有資格者のことです。フードアナリストは覆面調査員として飲食店でサービスを受け、評価をおこない、星数で格付け情報を公開します。日本版のミシュランといったところでしょうか。趣味と実益を兼ねられることから、グルメな女性や団塊世代の男性を中心に、フードアナリスト受験者数が増加中です。外食産業からも関心がよせられており、いま注目の資格です。フードアナリストの資格を取得するための検定試験は日本フードアナリスト協会が行っていますので、フードアナリストに興味のあるかた、意欲のあるかたは、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

フードアナリストの資格を認定しているのは、日本フードアナリスト協会です。フードアナリスト資格の等級は、趣味レベルで入門的な4級から、食文化の知識に精通した最上級の特級まで5段階に分けられます。フードアナリストの等級によって、格付けできる星数に違いがあり、4級であれば1つ星、特級であれば5つ星となっています。フードアナリストが行う格付けのチェック項目の数も、等級によって30項目から150項目まであり、星数が多くなるほど細かくなる。星数の多いほどいい店になるシステムだ。星1〜2つは優良店で、星3〜4つは優秀店で、星5つは最優秀店といった具合にわけられる。

フードアナリスト資格試験は2006年に開始されたのですが、すでに検定教本などが市販されるようになっています。それだけ、フードアナリストに対する興味がふくれあがっているのです。また、だれでもなれるというわけではない証左でしょう。だれでもがフードアナリストになれてしまっては、評価となる星数に説得力がありません。一定レベルの試験をおこない、受験者をふるいにかける行いが必要になってきます。フードアナリストの等級が上になればなるほど、有資格者になるハードルも高くなってきますので、フードアナリスト資格を極めたいかたは、そうとうな意欲の持ち主だということになるのではないでしょうか。

フードアナリスト資格取得のハードルは、けして低くはありません。食材や料理に関しては当然として、歴史や食器のブランドに関するフードアナリスト受験者の知識が問われます。とくに、食空間に関わる事項についても「あら、そんなことまで?」というこだわりが見られるのが特徴的でしょう。フードアナリスト資格4級というハードルは、しかし越えられないほどではありません。フードアナリストに興味のあるかたで、食にこだわりのある団塊世代男性などには、ちょうどよい歯ごたえととらえるかたもいらっしゃるようです。なにより趣味と実益をかねられることが、フードアナリスト資格の魅力ではないでしょうか。


posted by フミカワ at 19:00 | フードアナリスト講座
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。