フードアナリストと通信教育

フードアナリスト資格についてお話します。文字通りに訳すとフードは食、アナリストは分析者という意味になりますので、フードアナリストとは食の分析者というところでしょうか。レストランや料理飲食店を格付けする知識と素養、意欲を持ち、食・食空間を評価・分析する専門家です。フードアナリストは料理の評価だけではなく、店のサービス、店舗の安全性、雰囲気を総合的に評価して1つ星(4級のフードアナリストは1つ星まで)から、最高で5つ星(5つ星までつけられるのは特級のフードアナリスト)までの格付けをも行います。

フードアナリストの資格を認定しているのは、日本フードアナリスト協会です。フードアナリスト資格の等級は、趣味レベルで入門的な4級から、食文化の知識に精通した最上級の特級まで5段階に分けられます。フードアナリストの等級によって、格付けできる星数に違いがあり、4級であれば1つ星、特級であれば5つ星となっています。フードアナリストが行う格付けのチェック項目の数も、等級によって30項目から150項目まであり、星数が多くなるほど細かくなる。星数の多いほどいい店になるシステムだ。星1〜2つは優良店で、星3〜4つは優秀店で、星5つは最優秀店といった具合にわけられる。

フードアナリストになると、日本フードアナリスト協会の業務委託先であるアテナイオス株式会社の提供するウェブサイト、食卓賢人倶楽部への投稿、会員情報サービス、フードアナリストSNS機能、コミュニティや各種イベントへの参加、研修等の会員向けサービスが受けられます。また、食にかかわる仕事を通しての自己実現と収入に結びつけることも可能です。とく向上心の強い団塊退職組がフードアナリスト資格を取り、覆面調査員として活躍するとみられています。

フードアナリストの資格はまだできたばかりです。活躍の場は、今後さらに広がっていくと思われます。成熟した時代です。フードアナリストのニーズもどんどん高まってくるのではないでしょうか。現在の覆面調査員(フードアナリスト資格のあるなしにかかわらず)の主役は、20代から30代の女性です。団塊世代の男性の数は少なく、飲食店などでもニーズをつかみかねています。団塊世代のかたも、フードアナリスト資格試験の開始をきっかけにチャレンジしてみてはどうでしょうか。なにより、自分の舌でレストランを格付できるという行為は、考えただけでも楽しくなってきます。


posted by フミカワ at 13:00 | フードアナリスト資格
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。