フードアナリストの代表

フードアナリスト資格についてお話します。文字通りに訳すとフードは食、アナリストは分析者という意味になりますので、フードアナリストとは食の分析者というところでしょうか。レストランや料理飲食店を格付けする知識と素養、意欲を持ち、食・食空間を評価・分析する専門家です。フードアナリストは料理の評価だけではなく、店のサービス、店舗の安全性、雰囲気を総合的に評価して1つ星(4級のフードアナリストは1つ星まで)から、最高で5つ星(5つ星までつけられるのは特級のフードアナリスト)までの格付けをも行います。

フードアナリスト4級の内容は、食のことわざ、素材の漢字や文学作品に出てくる料理、
食器やインテリア、サービスなどになります。フードアナリスト資格試験を受ける受けないにに関係なく、教養やトリビア、常識としても面白い内容です。心ひかれるかたも多いのではないでしょうか。フードアナリストになるならないにかかわらず、知っていると食事の席で注目を集められるかもしれません。食文化についての知識を学んでば、いままで以上に食事が楽しくなるでしょう。

フードアナリスト資格試験は2006年に開始されたのですが、すでに検定教本などが市販されるようになっています。それだけ、フードアナリストに対する興味がふくれあがっているのです。また、だれでもなれるというわけではない証左でしょう。だれでもがフードアナリストになれてしまっては、評価となる星数に説得力がありません。一定レベルの試験をおこない、受験者をふるいにかける行いが必要になってきます。フードアナリストの等級が上になればなるほど、有資格者になるハードルも高くなってきますので、フードアナリスト資格を極めたいかたは、そうとうな意欲の持ち主だということになるのではないでしょうか。

フードアナリストの資格はまだできたばかりです。活躍の場は、今後さらに広がっていくと思われます。成熟した時代です。フードアナリストのニーズもどんどん高まってくるのではないでしょうか。現在の覆面調査員(フードアナリスト資格のあるなしにかかわらず)の主役は、20代から30代の女性です。団塊世代の男性の数は少なく、飲食店などでもニーズをつかみかねています。団塊世代のかたも、フードアナリスト資格試験の開始をきっかけにチャレンジしてみてはどうでしょうか。なにより、自分の舌でレストランを格付できるという行為は、考えただけでも楽しくなってきます。


posted by フミカワ at 15:00 | フードアナリスト検定
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。