フードアナリストの検定試験

フードアナリストの資格は、日本フードアナリスト協会と、その母体であるアテナイオス株式会社が運営する民間資格です。食と食空間を評価・分析する専門家を養成するという目的のもと、2006年6月24日にはフードアナリスト検定の第1回試験が実施されました。このときのフードアナリスト検定受験者は約50人でしたが、第2回目には約200人と4倍にはねあがっています。フードアナリストの注目度があがっているのが、数字からもよくわかります。フードアナリスト受験資格は満18歳以上の者で、また3級以上の級を受験する場合には、1ランク下の級を取得している必要があります。受験料は4級であれば7,000円となります。

フードアナリスト資格の取得方法は4種類あります。検定試験を受験すること、フードアナリスト通信教育の受講、カルチャーセンターへの通学、指定専門学校への通学です。いずれの方法でもフードアナリストの資格を取得できますが、検定試験を受験するのがもっともコストと時間がかからないでしょう(高い確率で合格したいのなら、フードアナリスト講座でしょう)。2006年の段階では、フードアナリスト検定試験は4級試験しか実施されていませんが、2007年6月の第3回試験からは3級試験が、2007年11月の第4回試験からはフードアナリスト2級試験が実施されます。すでに、フードアナリスト4級を取得されているかたも、次々と上を狙っていけます。

フードアナリスト資格に興味のあるかたであれば、試験内容が気になるところでしょう。公式テキストとなる「フードアナリスト検定教本」内を参照してみますと、肉や野菜などの食材についてや、テーブルマナーに対するフードアナリスト受験者の知識が問われています。また、地域ごとの料理の特色といった事項にプラスして、洋食器ブランドの歴史や食に関する名言・格言、レストランでの会話や食材の名称を英語でいうとどうなるか? など門外漢にはさっぱりわからない事項もあり、フードアナリスト4級といえでもあなどれません。さらに、3級ではフランス語の食に関するフードアナリストの知識が、2級では中国語の知識が問われるようです。手強いといわざるおえません。

フードアナリストの資格は、検定試験と通信教育で取得できます。第1回のフードアナリスト4級の受験者数は約50人でしたが、第2回には4倍にあたる約200人に増加しました。また、フードアナリスト検定試験とは別に、自己推薦審査方式というものがあり、こちらの方式で認定された有資格者もおり、合計約600人のフードアナリストが誕生しています。フードアナリスト有資格者のなかには、レストランのプロデューサー、コラムの執筆やフードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。養成講座を幹部や社員の研修に利用する企業もあらわれています。


posted by フミカワ at 13:00 | フードアナリストの仕事
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。