フードアナリストと検定教本

フードアナリスト資格についてお話します。文字通りに訳すとフードは食、アナリストは分析者という意味になりますので、フードアナリストとは食の分析者というところでしょうか。レストランや料理飲食店を格付けする知識と素養、意欲を持ち、食・食空間を評価・分析する専門家です。フードアナリストは料理の評価だけではなく、店のサービス、店舗の安全性、雰囲気を総合的に評価して1つ星(4級のフードアナリストは1つ星まで)から、最高で5つ星(5つ星までつけられるのは特級のフードアナリスト)までの格付けをも行います。

フードアナリストの資格を認定しているのは、日本フードアナリスト協会です。フードアナリスト資格の等級は、趣味レベルで入門的な4級から、食文化の知識に精通した最上級の特級まで5段階に分けられます。フードアナリストの等級によって、格付けできる星数に違いがあり、4級であれば1つ星、特級であれば5つ星となっています。フードアナリストが行う格付けのチェック項目の数も、等級によって30項目から150項目まであり、星数が多くなるほど細かくなる。星数の多いほどいい店になるシステムだ。星1〜2つは優良店で、星3〜4つは優秀店で、星5つは最優秀店といった具合にわけられる。

フードアナリスト資格に興味のあるかたであれば、試験内容が気になるところでしょう。公式テキストとなる「フードアナリスト検定教本」内を参照してみますと、肉や野菜などの食材についてや、テーブルマナーに対するフードアナリスト受験者の知識が問われています。また、地域ごとの料理の特色といった事項にプラスして、洋食器ブランドの歴史や食に関する名言・格言、レストランでの会話や食材の名称を英語でいうとどうなるか? など門外漢にはさっぱりわからない事項もあり、フードアナリスト4級といえでもあなどれません。さらに、3級ではフランス語の食に関するフードアナリストの知識が、2級では中国語の知識が問われるようです。手強いといわざるおえません。

フードアナリスト資格取得のハードルは、けして低くはありません。食材や料理に関しては当然として、歴史や食器のブランドに関するフードアナリスト受験者の知識が問われます。とくに、食空間に関わる事項についても「あら、そんなことまで?」というこだわりが見られるのが特徴的でしょう。フードアナリスト資格4級というハードルは、しかし越えられないほどではありません。フードアナリストに興味のあるかたで、食にこだわりのある団塊世代男性などには、ちょうどよい歯ごたえととらえるかたもいらっしゃるようです。なにより趣味と実益をかねられることが、フードアナリスト資格の魅力ではないでしょうか。


posted by フミカワ at 15:00 | 新資格フードアナリスト
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。