フードアナリストの求人

フードアナリストの資格は、日本フードアナリスト協会と、その母体であるアテナイオス株式会社が運営する民間資格です。食と食空間を評価・分析する専門家を養成するという目的のもと、2006年6月24日にはフードアナリスト検定の第1回試験が実施されました。このときのフードアナリスト検定受験者は約50人でしたが、第2回目には約200人と4倍にはねあがっています。フードアナリストの注目度があがっているのが、数字からもよくわかります。フードアナリスト受験資格は満18歳以上の者で、また3級以上の級を受験する場合には、1ランク下の級を取得している必要があります。受験料は4級であれば7,000円となります。

フードアナリスト資格を持ち、店の格付けをおこなっているかたのなかには、レストランのプロデューサーや、フードジャーナリスト、フードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。逆にいえば、フードアナリストとは食に深くかかわる仕事へとつながる資格ともいえます。フードアナリストには等級があり、4級から特級まで存在しています。4級を取得するだけで満足せず、ステップアップしてより高みを目指しチャレンジするのも魅力ではないでしょうか。

フードアナリスト資格に興味のあるかたであれば、試験内容が気になるところでしょう。公式テキストとなる「フードアナリスト検定教本」内を参照してみますと、肉や野菜などの食材についてや、テーブルマナーに対するフードアナリスト受験者の知識が問われています。また、地域ごとの料理の特色といった事項にプラスして、洋食器ブランドの歴史や食に関する名言・格言、レストランでの会話や食材の名称を英語でいうとどうなるか? など門外漢にはさっぱりわからない事項もあり、フードアナリスト4級といえでもあなどれません。さらに、3級ではフランス語の食に関するフードアナリストの知識が、2級では中国語の知識が問われるようです。手強いといわざるおえません。

フードアナリストの資格はまだできたばかりです。活躍の場は、今後さらに広がっていくと思われます。成熟した時代です。フードアナリストのニーズもどんどん高まってくるのではないでしょうか。現在の覆面調査員(フードアナリスト資格のあるなしにかかわらず)の主役は、20代から30代の女性です。団塊世代の男性の数は少なく、飲食店などでもニーズをつかみかねています。団塊世代のかたも、フードアナリスト資格試験の開始をきっかけにチャレンジしてみてはどうでしょうか。なにより、自分の舌でレストランを格付できるという行為は、考えただけでも楽しくなってきます。


posted by フミカワ at 11:00 | フードアナリスト

フードアナリスト資格

フードアナリスト資格についてお話します。文字通りに訳すとフードは食、アナリストは分析者という意味になりますので、フードアナリストとは食の分析者というところでしょうか。レストランや料理飲食店を格付けする知識と素養、意欲を持ち、食・食空間を評価・分析する専門家です。フードアナリストは料理の評価だけではなく、店のサービス、店舗の安全性、雰囲気を総合的に評価して1つ星(4級のフードアナリストは1つ星まで)から、最高で5つ星(5つ星までつけられるのは特級のフードアナリスト)までの格付けをも行います。

フードアナリスト資格の取得方法は4種類あります。検定試験を受験すること、フードアナリスト通信教育の受講、カルチャーセンターへの通学、指定専門学校への通学です。いずれの方法でもフードアナリストの資格を取得できますが、検定試験を受験するのがもっともコストと時間がかからないでしょう(高い確率で合格したいのなら、フードアナリスト講座でしょう)。2006年の段階では、フードアナリスト検定試験は4級試験しか実施されていませんが、2007年6月の第3回試験からは3級試験が、2007年11月の第4回試験からはフードアナリスト2級試験が実施されます。すでに、フードアナリスト4級を取得されているかたも、次々と上を狙っていけます。

フードアナリストの評価活動は、原則的に身元を明かさない覆面調査員として行います。通常のフードアナリストの活動における飲食代などは自腹となりますが、店側から依頼があり、有料で格付けを行う場合は、フードアナリストに飲食代や報酬が支払われるケースもあるようです。フードアナリストとして覆面調査をした格付け情報は、情報サービスのベンチャー会社アテナイオスが運営する、SNS機能も備えるウェブサイト「食卓賢人倶楽部」で公表されています。

フードアナリスト資格は日本フードアナリスト協会が認定している民間資格です。日本フードアナリスト協会は、フードアナリスト資格検定試験の実施と認定を行っており、また、フードアナリストが食や食空間、食に関わる幅広い知識と教養を身につけるための育成も行っています。現在は年2回、フードアナリスト資格試験を行っており、4級試験であれば、18歳以上のかたはだれでも受けられます。フードアナリスト3級からは、下の等級の有資格者である必要があります。フードアナリストの等級が上にいくほど、合格ハードルは高くなりますが、格付けに使用できる星数も増えていきます。
posted by フミカワ at 13:00 | フードアナリスト

フードアナリストとレストランと覆面調査員

フードアナリスト資格についてお話します。文字通りに訳すとフードは食、アナリストは分析者という意味になりますので、フードアナリストとは食の分析者というところでしょうか。レストランや料理飲食店を格付けする知識と素養、意欲を持ち、食・食空間を評価・分析する専門家です。フードアナリストは料理の評価だけではなく、店のサービス、店舗の安全性、雰囲気を総合的に評価して1つ星(4級のフードアナリストは1つ星まで)から、最高で5つ星(5つ星までつけられるのは特級のフードアナリスト)までの格付けをも行います。

フードアナリスト資格を持ち、店の格付けをおこなっているかたのなかには、レストランのプロデューサーや、フードジャーナリスト、フードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。逆にいえば、フードアナリストとは食に深くかかわる仕事へとつながる資格ともいえます。フードアナリストには等級があり、4級から特級まで存在しています。4級を取得するだけで満足せず、ステップアップしてより高みを目指しチャレンジするのも魅力ではないでしょうか。

フードアナリストの評価活動は、原則的に身元を明かさない覆面調査員として行います。通常のフードアナリストの活動における飲食代などは自腹となりますが、店側から依頼があり、有料で格付けを行う場合は、フードアナリストに飲食代や報酬が支払われるケースもあるようです。フードアナリストとして覆面調査をした格付け情報は、情報サービスのベンチャー会社アテナイオスが運営する、SNS機能も備えるウェブサイト「食卓賢人倶楽部」で公表されています。

フードアナリスト資格は日本フードアナリスト協会が認定している民間資格です。日本フードアナリスト協会は、フードアナリスト資格検定試験の実施と認定を行っており、また、フードアナリストが食や食空間、食に関わる幅広い知識と教養を身につけるための育成も行っています。現在は年2回、フードアナリスト資格試験を行っており、4級試験であれば、18歳以上のかたはだれでも受けられます。フードアナリスト3級からは、下の等級の有資格者である必要があります。フードアナリストの等級が上にいくほど、合格ハードルは高くなりますが、格付けに使用できる星数も増えていきます。
posted by フミカワ at 15:00 | フードアナリスト

フードアナリストと試験

フードアナリストとは犠牲の心ではありません。レストランや飲食店に行き、実際に飲食サービスを受けて、利用者の目で評価する行いです。フードアナリストは料理の味だけではなく、店舗の雰囲気や安全性などから総合的に評価し、ミシュランのように星をつけるのです。フードアナリスト受験者は、18歳以上であれば、食に興味があって常識を備え、向上心のある方なら資格は問われないというのもよいです。

フードアナリスト資格を持ち、店の格付けをおこなっているかたのなかには、レストランのプロデューサーや、フードジャーナリスト、フードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。逆にいえば、フードアナリストとは食に深くかかわる仕事へとつながる資格ともいえます。フードアナリストには等級があり、4級から特級まで存在しています。4級を取得するだけで満足せず、ステップアップしてより高みを目指しチャレンジするのも魅力ではないでしょうか。

フードアナリストの評価活動は、原則的に身元を明かさない覆面調査員として行います。通常のフードアナリストの活動における飲食代などは自腹となりますが、店側から依頼があり、有料で格付けを行う場合は、フードアナリストに飲食代や報酬が支払われるケースもあるようです。フードアナリストとして覆面調査をした格付け情報は、情報サービスのベンチャー会社アテナイオスが運営する、SNS機能も備えるウェブサイト「食卓賢人倶楽部」で公表されています。

フードアナリスト資格は日本フードアナリスト協会が認定している民間資格です。日本フードアナリスト協会は、フードアナリスト資格検定試験の実施と認定を行っており、また、フードアナリストが食や食空間、食に関わる幅広い知識と教養を身につけるための育成も行っています。現在は年2回、フードアナリスト資格試験を行っており、4級試験であれば、18歳以上のかたはだれでも受けられます。フードアナリスト3級からは、下の等級の有資格者である必要があります。フードアナリストの等級が上にいくほど、合格ハードルは高くなりますが、格付けに使用できる星数も増えていきます。
posted by フミカワ at 17:00 | フードアナリスト

フードアナリスト3級

フードアナリストの資格は、日本フードアナリスト協会と、その母体であるアテナイオス株式会社が運営する民間資格です。食と食空間を評価・分析する専門家を養成するという目的のもと、2006年6月24日にはフードアナリスト検定の第1回試験が実施されました。このときのフードアナリスト検定受験者は約50人でしたが、第2回目には約200人と4倍にはねあがっています。フードアナリストの注目度があがっているのが、数字からもよくわかります。フードアナリスト受験資格は満18歳以上の者で、また3級以上の級を受験する場合には、1ランク下の級を取得している必要があります。受験料は4級であれば7,000円となります。

フードアナリストの資格を認定しているのは、日本フードアナリスト協会です。フードアナリスト資格の等級は、趣味レベルで入門的な4級から、食文化の知識に精通した最上級の特級まで5段階に分けられます。フードアナリストの等級によって、格付けできる星数に違いがあり、4級であれば1つ星、特級であれば5つ星となっています。フードアナリストが行う格付けのチェック項目の数も、等級によって30項目から150項目まであり、星数が多くなるほど細かくなる。星数の多いほどいい店になるシステムだ。星1〜2つは優良店で、星3〜4つは優秀店で、星5つは最優秀店といった具合にわけられる。

フードアナリストの評価活動は、原則的に身元を明かさない覆面調査員として行います。通常のフードアナリストの活動における飲食代などは自腹となりますが、店側から依頼があり、有料で格付けを行う場合は、フードアナリストに飲食代や報酬が支払われるケースもあるようです。フードアナリストとして覆面調査をした格付け情報は、情報サービスのベンチャー会社アテナイオスが運営する、SNS機能も備えるウェブサイト「食卓賢人倶楽部」で公表されています。

フードアナリスト資格取得のハードルは、けして低くはありません。食材や料理に関しては当然として、歴史や食器のブランドに関するフードアナリスト受験者の知識が問われます。とくに、食空間に関わる事項についても「あら、そんなことまで?」というこだわりが見られるのが特徴的でしょう。フードアナリスト資格4級というハードルは、しかし越えられないほどではありません。フードアナリストに興味のあるかたで、食にこだわりのある団塊世代男性などには、ちょうどよい歯ごたえととらえるかたもいらっしゃるようです。なにより趣味と実益をかねられることが、フードアナリスト資格の魅力ではないでしょうか。
posted by フミカワ at 19:00 | フードアナリスト

フードアナリストと通信講座

フードアナリストとは犠牲の心ではありません。レストランや飲食店に行き、実際に飲食サービスを受けて、利用者の目で評価する行いです。フードアナリストは料理の味だけではなく、店舗の雰囲気や安全性などから総合的に評価し、ミシュランのように星をつけるのです。フードアナリスト受験者は、18歳以上であれば、食に興味があって常識を備え、向上心のある方なら資格は問われないというのもよいです。

フードアナリストの資格を認定しているのは、日本フードアナリスト協会です。フードアナリスト資格の等級は、趣味レベルで入門的な4級から、食文化の知識に精通した最上級の特級まで5段階に分けられます。フードアナリストの等級によって、格付けできる星数に違いがあり、4級であれば1つ星、特級であれば5つ星となっています。フードアナリストが行う格付けのチェック項目の数も、等級によって30項目から150項目まであり、星数が多くなるほど細かくなる。星数の多いほどいい店になるシステムだ。星1〜2つは優良店で、星3〜4つは優秀店で、星5つは最優秀店といった具合にわけられる。

フードアナリストになると、日本フードアナリスト協会の業務委託先であるアテナイオス株式会社の提供するウェブサイト、食卓賢人倶楽部への投稿、会員情報サービス、フードアナリストSNS機能、コミュニティや各種イベントへの参加、研修等の会員向けサービスが受けられます。また、食にかかわる仕事を通しての自己実現と収入に結びつけることも可能です。とく向上心の強い団塊退職組がフードアナリスト資格を取り、覆面調査員として活躍するとみられています。

フードアナリストの資格はまだできたばかりです。活躍の場は、今後さらに広がっていくと思われます。成熟した時代です。フードアナリストのニーズもどんどん高まってくるのではないでしょうか。現在の覆面調査員(フードアナリスト資格のあるなしにかかわらず)の主役は、20代から30代の女性です。団塊世代の男性の数は少なく、飲食店などでもニーズをつかみかねています。団塊世代のかたも、フードアナリスト資格試験の開始をきっかけにチャレンジしてみてはどうでしょうか。なにより、自分の舌でレストランを格付できるという行為は、考えただけでも楽しくなってきます。
posted by フミカワ at 11:00 | フードアナリスト

フードアナリストと給料

フードアナリストとは犠牲の心ではありません。レストランや飲食店に行き、実際に飲食サービスを受けて、利用者の目で評価する行いです。フードアナリストは料理の味だけではなく、店舗の雰囲気や安全性などから総合的に評価し、ミシュランのように星をつけるのです。フードアナリスト受験者は、18歳以上であれば、食に興味があって常識を備え、向上心のある方なら資格は問われないというのもよいです。

フードアナリスト資格の取得方法は4種類あります。検定試験を受験すること、フードアナリスト通信教育の受講、カルチャーセンターへの通学、指定専門学校への通学です。いずれの方法でもフードアナリストの資格を取得できますが、検定試験を受験するのがもっともコストと時間がかからないでしょう(高い確率で合格したいのなら、フードアナリスト講座でしょう)。2006年の段階では、フードアナリスト検定試験は4級試験しか実施されていませんが、2007年6月の第3回試験からは3級試験が、2007年11月の第4回試験からはフードアナリスト2級試験が実施されます。すでに、フードアナリスト4級を取得されているかたも、次々と上を狙っていけます。

フードアナリスト資格試験は2006年に開始されたのですが、すでに検定教本などが市販されるようになっています。それだけ、フードアナリストに対する興味がふくれあがっているのです。また、だれでもなれるというわけではない証左でしょう。だれでもがフードアナリストになれてしまっては、評価となる星数に説得力がありません。一定レベルの試験をおこない、受験者をふるいにかける行いが必要になってきます。フードアナリストの等級が上になればなるほど、有資格者になるハードルも高くなってきますので、フードアナリスト資格を極めたいかたは、そうとうな意欲の持ち主だということになるのではないでしょうか。

フードアナリストの資格はまだできたばかりです。活躍の場は、今後さらに広がっていくと思われます。成熟した時代です。フードアナリストのニーズもどんどん高まってくるのではないでしょうか。現在の覆面調査員(フードアナリスト資格のあるなしにかかわらず)の主役は、20代から30代の女性です。団塊世代の男性の数は少なく、飲食店などでもニーズをつかみかねています。団塊世代のかたも、フードアナリスト資格試験の開始をきっかけにチャレンジしてみてはどうでしょうか。なにより、自分の舌でレストランを格付できるという行為は、考えただけでも楽しくなってきます。
posted by フミカワ at 13:00 | フードアナリスト

フードアナリストと検定教本

フードアナリストとは犠牲の心ではありません。レストランや飲食店に行き、実際に飲食サービスを受けて、利用者の目で評価する行いです。フードアナリストは料理の味だけではなく、店舗の雰囲気や安全性などから総合的に評価し、ミシュランのように星をつけるのです。フードアナリスト受験者は、18歳以上であれば、食に興味があって常識を備え、向上心のある方なら資格は問われないというのもよいです。

フードアナリスト4級の内容は、食のことわざ、素材の漢字や文学作品に出てくる料理、
食器やインテリア、サービスなどになります。フードアナリスト資格試験を受ける受けないにに関係なく、教養やトリビア、常識としても面白い内容です。心ひかれるかたも多いのではないでしょうか。フードアナリストになるならないにかかわらず、知っていると食事の席で注目を集められるかもしれません。食文化についての知識を学んでば、いままで以上に食事が楽しくなるでしょう。

フードアナリスト資格試験は2006年に開始されたのですが、すでに検定教本などが市販されるようになっています。それだけ、フードアナリストに対する興味がふくれあがっているのです。また、だれでもなれるというわけではない証左でしょう。だれでもがフードアナリストになれてしまっては、評価となる星数に説得力がありません。一定レベルの試験をおこない、受験者をふるいにかける行いが必要になってきます。フードアナリストの等級が上になればなるほど、有資格者になるハードルも高くなってきますので、フードアナリスト資格を極めたいかたは、そうとうな意欲の持ち主だということになるのではないでしょうか。

フードアナリストの資格は、検定試験と通信教育で取得できます。第1回のフードアナリスト4級の受験者数は約50人でしたが、第2回には4倍にあたる約200人に増加しました。また、フードアナリスト検定試験とは別に、自己推薦審査方式というものがあり、こちらの方式で認定された有資格者もおり、合計約600人のフードアナリストが誕生しています。フードアナリスト有資格者のなかには、レストランのプロデューサー、コラムの執筆やフードアナリスト養成講座の講師のかたもおられます。養成講座を幹部や社員の研修に利用する企業もあらわれています。
posted by フミカワ at 15:00 | フードアナリスト
「フードアナリスト」トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。